手軽で安価なメニュー

ガールズバーはその数を増やしています。
その理由は数多くあるのですが、ひとつに廉価版のキャバクラだから、手軽でいいというのがあるようです。
基本的に密着不可能などの制限はありますが、24時間の営業が可能ですし、料金もかなり安いのでキャバクラの数倍も利用できる点にあります。
キャバクラは1時間数万円かかるのがザラな上、ちょっとお酒を飲ますだけで大変な料金がかかるのに大してガールズバーは、一時間3000円なんて店が多く、比較的利用しやすいのです。
それでは、ガールズバーではどのようなメニューがあるのかを見ていきましょう。
基本的に大抵のお店は、一時間の料金を払えば、一定のものがついてきます。
前述の様に一時間3000円とすれば、3000円でコーラやジュースなどのソフトドリンク、そこそこ格安のお酒やワインなどは飲み続けることが可能になります。
しかし、お金を更に払えば、ボトルキープが可能になります。
これが大体5000円から1万円で、自分で飲むというよりは、女の子に飲ませる目的で購入します。
基本的に女の子は1人はつくのですが、交代する場合が多く好きな子についてもらいたい場合、これを飲んでもらいます。
また、一人ではなく数人についてもらいたい場合も、みんなにこのボトルを分け与えれていくというシステムです。
もちろん食事も提供していて、基本はチャームというピーナッツや、スナック菓子ですが、料金を払えば料理してくれます。
料理の内容は、冷凍したものをチンとするお店や、女の子が料理してくれるお店もあるようですが、そうした料理以外のものを食べたい場合は、お店から出前を注文することができるのも重要なところでしょう。
基本的にこれはOKで女の子と一緒に食べれば更に盛り上がることでしょう。
ほかにも、カラオケやゲーム機やトランプなどがありますから、こうした楽しいメニューで選んだ料理や飲み物を食べて、ガールズバーライフを気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。